2017_07
28
(Fri)20:33

大学生のアルバイト⭐️生活のために働かざるを得ない次女の場合




猫さんは家族のみなさんを自然体で癒すのがお仕事⭐️



大学生のアルバイト⭐️ほとんどの学生さんが経験するみたいですけど全体の7割強とも言われてますね。(4年間のうちに1度でもアルバイト経験がある人)



1年生からアルバイトする割合はそんなに多くはなく、学生生活に慣れた2年生になると、ほぼ大多数の学生さんが様々な理由で働くようです。



我が家の次女の場合、入学して間も無くの5月からアルバイトを開始。



理由は、仕送りだけでは生活できないから。



お小遣いも含まれますが、多くは生活費や、学用品など、学生生活に必要な物もこの中から購入します。



仕送りと合わせて80000円ほど。



多くの学生が週に2~3回。10~15時間のアルバイトが最も多く、金額的には3~5万が1番多いとか。



次女の場合もまさに平均値。



必要に迫られて働くことになったにもかかわらず、子供気分がなかなか抜けません。



働くことにまだまだ抵抗があり、頭では理解していますが、気持ちが納得していない様子。



これから先はずっと何かしら労働をして生きていくことになります。



今はまだその入口。大人の理不尽さを目の当たりにしたりすることもあるでしょうし、自分の甘さを克服して、役に立つ事の喜びや、働く楽しさ、充実した時間の過ごし方とは?とアルバイトから学ぶ事はたくさんあります。



幸い私の妹と同居しながら通学しているので、初めての大人社会との接点のストレスを何かと妹に聞いてもらっているらしい。



大人からみたら、当たり前のことでも、次女にしてみたらカルチャーショックだったり、明らかに甘えなのですが、本人は権利だと主張してみたりと、アンバランスな状態の娘を、時には励ましたり、注意したりと妹も大変ですが、こちらはとても安心です。



大人になっていくときは葛藤や、ジレンマがつきものだと思います。それをいつの間にか、たくさんの大人との接触で乗り越えていくのですよねぇ。



若さゆえの傲慢さも見て取れるので、自分の若い時を思い出したりもしました。



根拠ない自信で自分の主張を振りかざしたり、周りの好意に甘えてしまうのですよね。



だから、こんなもんかなぁと(笑)



ゆっくりでいいので、少しずつ大人社会に馴染んでもらいたい。






スポンサーサイト
お手数おかけしますが、 ぽちしていただけると嬉しくてスキップします。 1日ワンクリック有効です。 画面が切り替わりイラっとしますよね すみません~
にほんブログ村