2017_03
22
(Wed)15:42

大学まで1時間程と答えたら、自宅から?!と返された(笑)義母さん頼むよ





先日、主人の実家に顔を出しました。お彼岸の日。




義母さんは次女におめでとうも言わずに(笑)




「何て学校だっけ?通うのにどのくらいかかるの?」




と聞かれたから、




「1時間くらいですかね~」と言うと




「自宅から?!それって水戸にあるの?!」




と言われた(笑)




ちなみに義母さんは2店舗を切り盛りするやり手の自営業者です。



決しておとぼけで言ってる訳でもなく、ガチです(笑)




「私の妹の自宅からですよ~」って言ったら




「えっ?!それって東京の学校なの?!」




(笑)マジか~この間旦那が伝えたんじゃなかったっけ?!(笑)と思いつつ



「あの~NHKの朝ドラであさが来たってみてました?」





突然話を変えられて少し不思議そうに、「観てたよ」と義母さん。



「波留ちゃんの役の人が創設した大学のモデルが



日本女子大学ですよ~」と言うと



「あぁそうなの~。じゃあ歴史ある大学なんだね~」と



なんか少し納得してもらえたかな?(笑)



おそらく義母さんは私立の中高一貫にまで行って、行っても意味のない大学に進学させようとしているのかと心配になったのだと思われます。



何となくそんな顔してました。



もちろん行ったからって本人次第で、将来もどうなるかわからないです。



ただ、長女の時みたいにわかりやすい大学でなかったことは確か。



それでも本人はホントにちゃんと勉強してました。もちろん親から見て足りないところもたくさんありましたけど。



振り返れば、中学に入ってすぐの模試から、常に深海生物の次女。



ここまで這い上がってこれただけでもちょっとしたミラクルです(笑)



国語なんか後ろに数人しかいなかったからね。




とにかくこれからこれから!!



次女よ頼むよ~







スポンサーサイト
お手数おかけしますが、 ぽちしていただけると嬉しくてスキップします。 1日ワンクリック有効です。 画面が切り替わりイラっとしますよね すみません~
にほんブログ村