2017_03
16
(Thu)11:31

公立校でも私立校でも予備校に行かない子は○○を使いこなしている








公立高校だろうと、私立高校だろうと、必ず現役で国公立や、有名私大に予備校に行かず合格する子がいますよね~。




それもいわゆるガリ勉生徒もいますけど、部活もしっかりやって、夏から本格的に受験勉強して合格したとか。




こんな話を聞くと、ついのんびりしてしまいそうになりますけど、こんな子はホントに少ないです。




それとGMARCHクラスなら3カ月で合格できるだの




日東駒専なら1カ月で合格できるとかいうのは




本気で信じてはいけません!!(笑)




当てはまる生徒さんももちろんいるでしょうけど、




まぁそんなに甘くないです




予備校へ行かなくても、志望校へ合格できる子の特徴としては




参考書を使いこなしている




だと思います。




志望校の問題を解く→わからないところを自分で調べる→参考書を読んで理解できる→似たような問題を解く→定着




このループができてます。


長女がそうでした。そしてわからないところを理解するのに、手持ちの参考書では物足りない時は、自分に合った参考書も




自分で見つけ出すことができます




公立高校は、学校によって、センター試験までに必要な授業が終わらないところもあります。




だってセンター試験は1月だからね。




それでもできるお子さんは、必要な準備を1人でできます。




参考書を読んで自分に必要な勉強を進められる




場合は予備校必要ないと思います。













スポンサーサイト
お手数おかけしますが、 ぽちしていただけると嬉しくてスキップします。 1日ワンクリック有効です。 画面が切り替わりイラっとしますよね すみません~
にほんブログ村