2017_02
12
(Sun)15:24

次女の私大受験☆できたことと・できなかったこと





先週の金曜日に次女が受けた全ての私立大受験が終わりました。



直受けは2校にするつもりでしたが(確実校とチャレンジ校)



寒い時期、熱を出したり体調不良を起こしやすい次女のことを考えて



受かりそうな学校を2校追加



あわよくば(笑)の記念受験校を1校追加して



合計5校受験しました。



体調不良もなく、全ての学校を受験できました。



そして、国立大受験に向けて、たくさんの知らない学生さんの中に混じって、緊張感を感じながらの受験を経験できました。



実際に受験する生徒さんの雰囲気もそれぞれの学校で違いがあったようで、



自分の肌で通うならこの学校がいいなぁ~等感じることができました。



反対にできなかったこと☆



実際に学校を見たのは1校だけで、どれも行くことすら初めての学校を受験したので、いまいち力を入れて勉強できなかったりもしました。


過去問との相性も確認せず、普段の模試の成績だけで出願してしまったので、勉強するのが難しいようでした。



出願はある程度期間があり、その年によって人の集まり方に大きく差が出たりします。



様子も見ずに出願したので、3校は去年や一昨年よりも倍率がものすごく(笑)出したことすら後悔しました。



もちろん、実力があれば、倍率は全く気にしなくても大丈夫です。ボーダーと言われるライン以上なら、偏差値そのものが倍率によって大きく変わることはほとんどないからです。



運頼りの次女のチャレンジ校の出願の場合、状況次第では棚ぼたもあり得るかなと(笑)



実際長女の同級生にはもちろん頑張りも大きいでしょうが、状況判断が上手く、実力以上の学校に入学できた子もいます。



状況判断大切です(笑)



スポンサーサイト
お手数おかけしますが、 ぽちしていただけると嬉しくてスキップします。 1日ワンクリック有効です。 画面が切り替わりイラっとしますよね すみません~
にほんブログ村