2017_01
01
(Sun)16:41

次女の同級生にスーパーで元気をもらう☆




玄関のお正月飾り☆

先日近所のスーパーへ行ったら、次女の同級生がアルバイトしてました。

学校は別なのですが、ある活動を通じてお友達になりました☆

彼女は片方腕が途中からありません。

先天性なのか、生まれてから何か事情があってなのかはわかりません。

聞いたこともないです。

知り合った小学四年生の頃から何でも片腕でこなしてました。


本当に普通のお子さんです。腕がないことで卑屈になったり、逆にそれをバネにからっと明るいお子さんでもなく

淡々とすべての事を普通にこなしてました。

そこにたどり着くまで色んな事があっただろうことが想像できますけど、

お母さんも落ち着きのある素敵な方なので、1つづつ確実にできるようにサポートしたのだろうなぁと感じました。

次女も最初は気になったものの、途中から腕がないことが全く気にならなくなり、気を使ったり、先回りして親切にしようとか全く感じなくなったそうです。

先日、スーパーでたまたま私が並んだ列が彼女の担当でした。

片手で器用に商品をスキャンして、カゴも器用に運んでました☆

驚かされますけど、彼女は相変わらず淡々としてました。

胸がジンと熱くなりました。

「頑張ってるね~」

と声を掛ける私にニッコリ恥ずかしそうに笑い返してくれました。

何でも挑戦して、涼しい顔をしている彼女に元気をもらえました。

私も頑張らなくちゃ~!!!



紙袋に入って喜ぶ猫さん(笑)


スポンサーサイト
お手数おかけしますが、 ぽちしていただけると嬉しくてスキップします。 1日ワンクリック有効です。 画面が切り替わりイラっとしますよね すみません~
にほんブログ村