2017_05
14
(Sun)20:50

姉妹の年齢差が縮まる時☆我が家は4歳違い








我が家は娘が2人。4歳差です。




妹が生まれたばかりの頃は、一人っ子気分を満喫していた長女が、次女のことを鬱陶しく思っていた事もあるそうです(笑)




次第に妹がいることに慣れるも、常に面倒を見ないといけない立場が忌々しい(笑)とも感じていたらしい・・・。




わかっているのにわざと言う事をきかないで、しょっちゅう自分が怒られることが常に理不尽だとも・・・




姉の宿命ですね。私もでした(笑)




同じ事でも妹は許されて、自分は怒られる。




妹のイタズラは見ていなかった姉のせいなど、きりがなく不公平だと悔しい事も多かったと言います。




それがさっき、妹を駅まで送り届けた後




「寂しいなぁ…行っちゃったよ...」とホントにさみしそうでした。




久しぶりにこの2日間、次女と長女は時間を過ごしました。




つい数ヶ月前までは、勉強をみてもらう側と教える立場で、常にお尻を叩いたり、次女の勉強に対する向き合い方に激を飛ばしたりと、姉妹というよりは、先生と生徒みたいでした。




受験が終わって、離れ離れになり、久しぶりに過ごす時間は今までのどの時間とも違ったようです。




とても楽しく、大袈裟に言うと初めて姉妹の楽しさがわかった感じみたいでした。




これからの時間は対等に気兼ねない身近な存在として、楽しく姉妹の時間を過ごして欲しい。




次女はずっとお姉ちゃんloveでしたけどね(笑)




4歳違いくらいだと、対等になるまで時間がかかるのかもしれませんね。




母親も、もう1人の自分としての役割を上の子に担って貰わないと、大変な時期もありますしね…




長女よ色々ありがとう😊おかげで次女は大学生だよ。









お手数おかけしますが、 ぽちしていただけると嬉しくてスキップします。 1日ワンクリック有効です。 画面が切り替わりイラっとしますよね すみません~
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017_05
14
(Sun)20:26

次女のお祝い返しに行く日のコーデ☆奨学金の審査の結果












本日、次女の大学入学祝いを頂いた主人の身内にお返しの品を持って、行って来ました。




なんとか大学生活にも無事に慣れて、木曜日から、念願の(笑)スーパーのレジバイトを始める次女。




少しづつ、自立のための1歩を踏み出しています。




奨学金の審査も無事に通り、学費の不足分のおよそ144万円を4年間月々30000円程づつ借りることになりました。




一安心。




サークル活動も月に2~3回他校の学生や留学生と触れ合える国際交流サークルに入って、視野も広げてくれるかな?




年齢の割に幼い次女が、電車のアクシデントに備えて早めに朝家を出たり、




私の妹との共同生活のお手伝いをしたり、数ヶ月前では考えられないような環境の変化に対応してます。




日々の生活を送ることにまだいっぱいみたいで、




お稽古のお習字が終わったら、慌ただしく帰って行きました。




余裕を持って明日を迎えたいそうです(笑)




また来月まで猫さんと待ってますね☆













お手数おかけしますが、 ぽちしていただけると嬉しくてスキップします。 1日ワンクリック有効です。 画面が切り替わりイラっとしますよね すみません~
にほんブログ村